読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ターミネーター3級審判員の反省部屋

パブリックプレッシャーを感じながら今日も走る。サッカー3級審判員の"I'll be back!"な毎日

奥深きサッカー審判員の世界(予告のみ)。

今週末は副審と主審をそれぞれ一試合ずつ担当しました。

 

まず副審の試合から。この試合ではまず自分が分かっていながら、うまく出来ていない(ということはやはり分かっていないってこと)ことが課題として再びつきつけられました。そして同時に継続は力なりということをちょこっと自慢?したくなる試合でもありました。

 

で、主審を務めた試合。実は自分が担当した試合ではなく他の方の試合での珍事について。

 

うーん、思いがけないというか、色々なことが起きるんだな―と思ったりしたこの週末。審判員の世界は思っていた以上に奥深いのか、それとも「未開の地」として放置されているだけなのか?

 

何のこっちやと思われた方、ごもっと。明日以降順番に記事にしたいと思います。

今宵はいい疲労感に襲われている、私です。はい。

 

では、I'll be back.